ダボスの丘

6月16日(土)(三重)のち (長野)

長野であったインターナショナル・ドッグショー。
せっかくお出かけするのなら、お泊まり旅行にしちゃいましょう

ということで、前日の土曜日の午前中に出発 

お昼は、松本I.C.からで20分程の蕎麦集落にある根橋屋さん。
 

お店の中は、広くゆったりした畳のお座敷。
お薦めの”やまっちそば”は、お蕎麦のように細長〜く切った山芋がのっています。
少し濃い口の汁にしっかりした田舎そば、山芋と合わせると大盛りの分量で
とっても美味しく頂きました


この日のお宿は、カーロ・フォレスタ菅平カゾナーレさん。
外観は普通のプチ・ホテルなのですけれど、サービスが大変充実
 


あかねと一緒に写っている支配人兼料理長のこのオジサンがとっても気さくで陽気な方で、
初宿泊だというのに、常連客のように気軽に楽しいオシャベリをしてくれます。 

裏手にはドッグラン、玄関脇にはトリミングルームまで有って、自由に利用可。

ただ、この日はお天気のせいか、他の宿泊客さん達の到着が遅くて
せっかくのドッグランにもワン影なし。
なので、支配人のオジサンから
「景色が良くて、気持ちイイですよ〜。 無料だし、ワンコだし」
と薦められて
で5分のダボスの丘へ父母あかねでハイキング

ところが、
・・・・これが、甘かった
冬はスキーゲレンデになるダボスの丘
結構、急な斜面です。

お散歩では、坂道になるとトボトボとなるくせに、お出かけ大好きのお嬢さん
ピョンピョン と先頭にたって登っていきます。
「あかね〜・・・・ゼィゼィ・・・ ちょ、ちょっと待ちなさい・・・・ヒィヒィ・・・・」
後からトボトボ 父と母。


だんだん無口になる父母。
けれど、丘の上では涼しい風が吹き渡っていて、確かに気持ちがよいところです。


夕方だったせいか、広〜い草原の斜面にワンコどころか人影も無し。
父母あかね、家族での〜んびり素敵な景色を堪能 (← 単に疲れて動けなかったとも言う)


ホテルのお部屋はこんな感じ。
思った以上に広々として良いのですけれど、唯一お風呂とトイレがユニット式の洗面所。
ただ、で20分程のとこに「湯っ蔵んど」という温泉施設がありまして、
父は、食事の前に大浴場と露天風呂を満喫

夕食は、写真の刺身、焼き物、揚げ物に鶏の陶板酒蒸し、近くで採った山菜の漬物にデザート
お食事が期待以上に美味しくて、スープやご飯、コーヒーなどもセルフでお代わり自由。


翌朝は出発前にドッグランでひとはしゃぎ
 

お値段も手頃で、とっても満足なお宿でした

あかね、
また来ようネ



スポンサーサイト



未分類 | コメント:(4) | トラックバック:(0) | 2012/06/23 14:53
 | ホーム |